徐々にレベルアップしよう

自分のレベルを把握する

オリンピック選手が披露しているような難しい技に、早く挑戦したいと思うでしょう。
しかし初心者が、いきなり難易度の高い技に挑戦することは控えてください。
技術が追いついていないのに難しい技に挑戦しても、うまくできません。
失敗して怪我をすると、スケートボードに対して恐怖心を抱いてしまう可能性があります。

すると、もうスケートボードに挑戦できなくなります。
そのような結果にならないように、基本を完全にマスターしてから応用した技に進みましょう。
順番に挑戦すれば、技術を少しずつ高めることができます。
スケートボードは難しいものなので、簡単にできるものだと思わないでください。
たくさん練習を繰り返すことが、成長に繋がります。

練習できる場所を見つけよう

体験教室に参加して、少しスケートボードに触れただけで満足しないでください。
他の場所でも練習を繰り返すことで、技術を習得できます。
近くに、スケートボードが練習できる場所がないか探してください。
そして、できるだけ毎日練習しましょう。
仕事をしている大人は、毎日練習する時間を設けるのが難しいと思います。
夜の時間や、どうしてもできなかったら休日だけでも構いません。

なるべく、スケートボードに触れるよう心がけましょう。
難しくてなかなかクリアできない技でも、練習すればうまくできるようになります。
うまくできた時の感覚を忘れないでください。
自分がスケートボードをしている様子を動画に撮り、後で振り返るのが良い練習方法です。
すると、客観的に問題点を見つけられます。